資料の表示

戻る 検索語: 条件を詳しく指定して検索

[M] 〈女子マネ〉のエスノグラフィー 大学運動部における男同士の絆と性差別 印刷物

著者: 出版者: 晃洋書房 (出版日: 2018-2)

巻号:
形態: 印刷物 印刷物
言語: 日本語
ページ数と大きさ: 221 p. (1 - 221)
価格 4600
識別子: ISBN: 978-4771030015 ( 4771030014 )
受入日: 2018/12/25 07:56:49
更新時刻: 2018/12/25 07:56:49
目次情報:

はじめに ―〈女子マネ〉とは誰なのか

序章 エスノグラフィーで〈女子マネ〉の経験を可視化させる
1. 〈女子マネ〉活動を活躍の場として再定義する
2. スポーツ組織におけるセクシュアル・ハラスメント問題
3. 異性愛男性優位の関係構造である「ホモソーシャリティ」
4. 関係構造の変容可能性はどこにあるのか―仮説の提示
5. 本書の構成

1 章 ハラスメントのないスポーツ組織を構想する ―理論と方法
1. 〈女子マネ〉はどのように論じられてきたのか ―先行研究の検討
2. マネージャーと選手の対等な関係性を定義する ―主体位置と権力差
3. ホモソーシャリティ再考―ハラスメントが発生する関係構造を可視化させる
4. 大学アメリカンフットボール部におけるフィールドワーク ―調査概要

I 「外部型」から「外部境界型」ホモソーシャリティへ ―X 大学の事例より―

2 章 組織の女性比率が0 %から約30%に変遷した場合 ―現役チームと先輩チームの比較
1. チームの概要
2. 〈楽しむ〉ことを目標に ―参与観察にみる現役チーム
3. 〈厳しい代〉最後の経験者 ―N さん(OB 選手)の語りにみる先輩チーム
4. 《女子マネキャラではない》Aさんと涙を見せる主将 ―変容要因仮説の検証

3 章 「マネージャー」としての経験
1. 《私選んでここ来とんねん》 ―A さん(元チーフマネージャー)の場合
2. 《私はなんかおかんキャラ》 ―B さん(元チーフマネージャー)の場合
3. 《女子って感じが苦手》 ―Cさん(退部者)の場合
4. 《あの時ほんとに辞めてよかったんかな……》 ―D さん(退部者)の場合
5. X 大学における「〈女子マネ〉型主体」と「母親代理型主体」の存在
まとめ ―X大学アメフト部にみる関係構造の変容可能性と限界

II 「外部境界型」から「内部境界型」ホモソーシャリティへ ―Y 大学の事例より―

4 章 組織の女性比率が約40%に達した場合 ―現役チームと先輩チームの比較
1. チームの背景
2. 〈マネージャーシフト制〉のはじまり ―参与観察にみる現役チーム
3. 選手の〈ありがとう問題〉 ―S さん(OG マネージャー)の語りにみる先輩チーム
4. 外部男性トレーナーL さんと「専門性の強化」 ―変容要因仮説の検証

5 章 「トレーナー」としての経験
1. 《“フクドル"って呼ばれてて》 ―E さん(元チーフトレーナー)の場合
2. 《アクティブになりたかった》 ―F さん(元チーフトレーナー)の場合
3. Y 大学における「才色兼備型主体」の存在と分化の影響
まとめ ―Y 大学アメフト部にみる関係構造の変容可能性と限界

III 「結合型」ホモソーシャリティという新たな関係構造の発見 ―Z 大学の事例より―

6 章 組織において「専門家」として位置づけられた場合 ―日本とカナダの比較
1. カナダのスポーツ文化とアスレチックセラピスト
2. Z 大学における制度的保障
3. Z 大学におけるアスレチックセラピストの持つ権利
4. Z 大学アメフト部における参与観察

7 章 「アスレチックセラピスト」としてのの経験
1. 《メンバーが学内でハラスメントをすることはない》 ―G さん(学生セラピスト)の場合
2. 《私はただ意地悪に振る舞わないといけません》 ―H さん(スタッフセラピスト)の場合
まとめ ―Z 大学アメフト部における関係構造から可能性を探る

終章 可視化させたの経験をどう生かしていくのか
1. 「専門性の強化」および「制度的保障」の可能性と「性別二元制」の限界
2. 組織内の位置を可視化させることで生まれる個人の「気づき」
3. スポーツ組織における対等な関係性構築に向けた権利の保障
4. 本書の意義と今後の課題
5. まとめにかえて―ハラスメントへのこれからの抵抗

おわりに―私の研究のあゆみ

注記:

文献・索引あり

図書館 本棚 請求記号 所蔵情報ID 貸出状態
笹川スポーツ財団 スポーツ関係専門書 780.13 104803 在架(利用可能)