資料の表示

戻る 検索語: 条件を詳しく指定して検索

[M] 体育の科学 印刷物

著者: 出版者: 杏林書院 (出版日: 2007-8)

定期刊行物: 体育の科学 (ISSN: 00398985)
巻号: 巻: 57 号数: 8
形態: 印刷物 印刷物
言語: 日本語
ページ数と大きさ: 80 p. (569 - 648) 26.0 cm.
受入日: 2011/07/12 19:10:21
更新時刻: 2014/10/29 10:40:27
説明:

8月号

目次情報:

特集 運動と健康推進プロジェクト

◆巻頭言

久野 譜也(筑波大学大学院人間総合科学研究科)

◆今後10年間における運動による健康政策の方向性

久野 譜也(筑波大学大学院人間総合科学研究科)

◆厚生労働行政における最近の身体活動・運動施策の変化

田畑  泉(独立行政法人 国立健康・栄養研究所 健康増進プログラム)

◆介護予防における運動の意義

辻  一郎(東北大学大学院医学系研究科公衆衛生学分野)

◆生活機能病予防と運動

戸山 芳昭(慶應義塾大学医学部整形外科)

◆性差を考慮した健康づくりの必要性

天野 恵子(千葉県衛生研究所)

◆運動による糖尿病予防・治療とQOLの向上

佐藤 睦美(お茶の水女子大学生活科学部食物栄養学科)

児玉  暁(お茶の水女子大学人間文化創成科学研究院 生活習慣病医科学)

曽根 博仁(お茶の水女子大学人間文化創成科学研究院 生活習慣病医科学)

◆運動による認知症予防とQOLの向上

朝田  隆(筑波大学臨床医学系精神医学)

連載 体育人と身体観24

◆岸野 雄三

稲垣 正浩(日本体育大学大学院)

連載 やる気と競技力を高めるビデオ映像の活用法1

◆スポーツ現場におけるビデオ映像のさまざまな活用法

下園 博信(九州共立大学スポーツ学部スポーツ学科,

       コカ・コーラウエストレッドスパークス)

スポーツライフの動向

◆運動・スポーツ種目のシニア化

工藤 保子(笹川スポーツ財団調査研究チーム)

研究報告

◆日常生活圏に設定したルートを用いたウォーキングの実践とその効果

小木曽一之(皇學館大学教育学科)

串間 敦郎(宮崎県立看護大学看護学科)

青山 清英(日本大学体育学科)

水落 文夫(日本大学体育学科)

高橋 正則(日本大学体育学科)

図書館 本棚 請求記号 所蔵情報ID 貸出状態
笹川スポーツ財団 雑誌・学会誌 200811 在架(利用可能)