資料の表示

戻る 検索語: 条件を詳しく指定して検索

[M] 保健の科学 印刷物

出版者: 杏林書院 (出版日: 2017-5)

定期刊行物: 保健の科学 (ISSN: 00183342)
巻号: 巻: 59 号数: 5
形態: 印刷物 印刷物
言語: 日本語
ページ数と大きさ:
価格 1100
受入日: 2017/05/10 16:55:06
更新時刻: 2017/05/10 16:55:06
目次情報:

巻頭のことば
●小児と成人の狭間である移行期に着目して
藤林 慶子(東洋大学教授)

特集 移行支援―小児から成人への橋渡し―

◆移行支援とは何か
松本 公一(国立研究開発法人国立成育医療研究センター小児がんセンター長)
清谷知賀子(国立研究開発法人国立成育医療研究センター小児がんセンター医員)

◆小児血液がん経験者の成人診療科におけるフォローアップ
山下 卓也(聖路加国際病院血液内科医長)

◆難治性肝胆道疾患患者の移行支援と継続的ケア
松井  陽(聖路加国際大学大学院看護学研究科特任教授)

◆先天性心疾患患者の移行支援
 ―トランジション外来における取り組み―
江崎 陽子(国立成育医療研究センター看護部外来副看護師長(トランジション外来担当))

◆移行期のケア
 ―心身の成長発達の視座から―
小澤 美和(聖路加国際病院子ども医療支援室,小児科医長)

◆重症心身障害児(者)での移行支援と施設の役割
末光  茂(社会福祉法人旭川荘理事長)

◆移行医療に求めるもの
 ―患者家族の立場から―
樋口 明子(公益財団法人がんの子どもを守る会ソーシャルワーカー)

連載 ドメスティック・バイオレンス(DV)のない社会をめざして
■子ども家庭支援センターでのDV被害者への支援
白川美也子(こころとからだ・光の花クリニック院長)

連載 海外の母子保健や子育て支援から学ぶ
■アメリカ
 ―ボストンで子育てしつつ学んだこと―
當山 紀子(保健師)

調査・研究
●重症心身障害児・者の意思を尊重した実践に関する一考察
 ―支援場面のエピソードを中心に―
杉木 陽介(日本福祉大学社会福祉学部)
柏倉 秀克(日本福祉大学社会福祉学部)

図書館 本棚 請求記号 所蔵情報ID 貸出状態
笹川スポーツ財団 雑誌・学会誌 207480 在架(利用可能)