資料の表示

戻る 検索語: 条件を詳しく指定して検索

[M] 体育の科学 印刷物

出版者: 杏林書院 (出版日: 2017-10)

定期刊行物: 体育の科学 (ISSN: 00398985)
巻号: 巻: 67 号数: 10
形態: 印刷物 印刷物
言語: 日本語
ページ数と大きさ: 71 p. (658 - 728)
価格 1050
受入日: 2017/10/23 07:43:49
更新時刻: 2017/10/23 07:43:49
目次情報:

特集 生産年齢期の身体活動による生活習慣予防
◆生産年齢期の生活習慣病予防対策の背景
勝川 史憲(慶應義塾大学スポーツ医学研究センター教授)
◆生産年齢人口の健診データからみる生活習慣病
勝川 史憲(慶應義塾大学スポーツ医学研究センター教授)
◆肥満に対する身体活動のエビデンス
中田 由夫(筑波大学医学医療系准教授)
◆脂質代謝に対する身体活動のエビデンス
柏原 杏子(早稲田大学スポーツ科学研究科博士後期課程1年)
宮下 政司(早稲田大学スポーツ科学学術院准教授)
◆糖尿病予防に対する身体活動のエビデンス
児玉  暁(新潟大学大学院生活習慣病予防検査医学講座特任准教授)
曽根 博仁(新潟大学大学医歯学総合研究科教授)
◆運動による動脈硬化の予防・改善
前田 清司(筑波大学体育系スポーツ医学教授)
◆企業で取り組む高強度インターバルトレーニング
松尾 知明(労働者健康安全機構労働安全衛生総合研究所産業疫学研究グループ,
        宇宙航空研究開発機構宇宙医学生物学研究グループ(客員))
◆オフィスにおける就労者の座りすぎを減らすアプローチ
岡 浩一朗(早稲田大学スポーツ科学学術院教授)
連載 体育・スポーツをかく語りき-哲学と歴史からの未来の思想への提言― 10
◆メルロ=ポンティの身体論に基づく体育教師のありさま
坂本 拓弥(明星大学教育学部准教授)
連載 慢性痛にどう対処していくか― 3
◆神経疾患における慢性痛
 -脊髄損傷後の神経障害性疼痛とリハビリテーション-
佐藤 剛介(奈良県総合リハビリテーションセンター,畿央大学ニューロリハビリテーション研究センター)
研究報告
◆筋力増加と筋肥大の不思議な関係
 -トレーニング効果のSystematic Reviewから論争を予感-
木村 範子(鹿屋体育大学大学院)
黒川 暠平(鹿屋体育大学大学院)
薬師かれん(鹿屋体育大学大学院)
新田 城二(鹿屋体育大学大学院)
藤田 英二(鹿屋体育大学准教授)
安部  孝(ミシシッピ大学客員教授)

図書館 本棚 請求記号 所蔵情報ID 貸出状態
笹川スポーツ財団 雑誌・学会誌 207596 在架(利用可能)